加齢に伴い老眼は現れる!セルフチェックで症状を確認しよう

老化現象と上手くつきあう

早めの対策が大切です

男性

加齢とともに、体力の低下を始め、肌の衰えや白髪などの外見の変化、老眼や体調不良など、いろいろと障害が出てきます。これらは老化現象なので、ある程度は仕方のないことです。変化を受け入れ、それらの変化と上手く折り合いをつけて、つきあっていくのが得策です。そして、これらの老化現象を少しでも遅らせる努力が必要です。老眼は早い人で、40代から始まります。老眼のチェック方法は眼科に行く以外にもありますので、疑いのある人は、まずセルフチェックをしてみましょう。最近、小さな文字が見えづらくなった。近くのものを見ると疲れるので、本や新聞を読むのもつらい。夕方になると、回りが見えづらくなる。肩こりや頭痛に悩まされている。これらの項目が当てはまる人は、老眼の始まりと言えます。そして、これらのチェック項目に当てはまるものが多ければ多いほど、老眼も進行していると考えられます。日常生活で老眼を実感している人は、少しでもその進行を遅らせるための対策が必要です。例えば、普段、パソコンを長時間使う人や、テレビを長時間見ている人は、意識してその時間を短縮するべきです。また、長時間だらだらと見るのではなく、こまめに目を休ませることも大切です。また、老眼回復トレーニングも効果的です。これは、目の筋肉を意識していろいろな方向に動かすというもので、目の筋肉のコリをほぐす効果があるので、目の疲れを始め、それに付随する、肩こりや頭痛などを和らげる効果も期待できます。あなたも一度、老眼チェックで、自分の目の健康を確認し、対策が必要な人は、今すぐにでも始めましょう。

まさかと感じた時の確認法

男性

老眼は誰もがなるものだと分かっていながらも、自分に兆しがあるとやはりショックを受けるものです。単なる疲れ目だと片付けてしまいたいのは山々ですが、もし本当に老眼が始まっているなら、早めに対処したほうが目の健康のためですね。老眼かどうかは、自分でもある程度はチェックすることが出来ます。永らく眼科にかかっていない場合は、他の病気がないかどうかも含めて一度診てもらうほうが確実ですが、まずは該当することがないかチェックしてみましょう。老眼は、朝は見えても夕方は見えにくくなるのが典型的な症状です。手元の小さな文字に焦点が合わない場合、目から対象物を遠ざけてみて30cm以上離れたところで焦点が合いやすいなら、老眼が始まっていると考えたほうが良いでしょう。また、最近ではスマートフォンのアプリなどでも老眼をチェック出来るものがあります。メガネショップのサイトには、プリントアウトして度数をチェック出来る老眼の度数確認表などがアップされている場合もあるので、活用するのも良いでしょう。雑貨店や書店にリーディンググラスのサンプルが展示されていますので、それを試しにかけてみて、細かい文字が読めるかどうか確認してみる方法もあります。老眼は肩こりや頭痛なども起こりやすくなるのが特徴で、吐き気が起こるなど眼精疲労の症状が出やすいという特徴もあります。40歳前後なら誰に起こっても不思議ではないので、症状を認めたなら、しかるべき対応をしましょう。

眼球トレーニングをする

女性

ある程度の年齢に達すると、近くのものが見えにくくなったり、小さな文字は目から離さないと読めなかったりなど、老眼の症状が現れます。一般的には、45歳を過ぎると、ほとんどの人が多かれ少なかれ、老眼の症状を感じるようです。自分が老眼であるかは、眼科でチェックしてもらうのが確実ですが、自分で簡単にチェックできる方法もあります。チェックの方法は、老眼度数を判定できるチェックシートを使うことや、小さな文字を読むときに、何センチ離すと読みやすいのかを測る方法があります。しかし、自分が老眼であると判明したからといって、気を落とす必要はありません。老眼は一度なってしまうと治らないというイメージがありますが、改善する方法もあるのです。最先端の医療では、老眼治療のレンズやリングを角膜に入れる方法や、レーシックなどの方法があります。また、矯正コンタクトを就寝時につけて角膜の形状を変えたり、高周波で角膜の形状を変えたりする方法もあります。自分で出来る方法としては、眼球を上下左右に動かしてストレッチをしたり、3Dアートを眺めてトレーニングしたりする方法があります。小さい文字が読みづらいなど、老眼の初期症状を感じた時にストレッチやトレーニングを始めると、老眼の症状が改善したと実感する人は多いようです。老眼を予防するという観点からは、できるだけ目を疲れさせない事が大切で、疲れ目のケアや、目に十分な休息を与える睡眠が重要になります。まずは、自分の目の状態をチェックして、できることから始めてみましょう。

我慢をすると眼精疲労に

男性

老眼は遅かれ早かれ誰にでも起こる自然な生理現象です。見えづらいのを我慢して目を酷使していると慢性的な眼精疲労になり、文字を読んだり細かい作業がつらくなってしまいます。40代になったら老眼のチェックをしましょう。

もっと読む

目が霞みに注意

婦人

老眼は加齢による原因がほとんどですが、日々の食事等によって進行を遅らせる事が出来ます。目に良い食事と共に目の疲労度をチェックし、目が疲れたらマッサージ等で目をリラックスさせる事が大切となるでしょう。

もっと読む

小さな文字が見えにくい

レディ

「老眼度数自己診断表」による度数のチェックと、老眼対策についてに基本です。目を大切にすることが老眼防止の最大の対策です。くれぐれも、人生を大切にすることは、目を大切にすることでもあると知っておいてください。

もっと読む