加齢に伴い老眼は現れる!セルフチェックで症状を確認しよう

我慢をすると眼精疲労に

ピント調節力の低下

男性

名刺のアドレスがどうしても見えない、薄暗い場所で文字が見えづらくなった、細かい文字を読むのが億劫になったなどの症状が出始めたら老眼かもしれません。老眼と効くと老いを感じて認めたくないものですが、無理をして目を酷使していると眼精疲労になるだけです。文字を読んだり手先を使う仕草は脳への刺激になり、脳を活性化します。目の老化だけでなく脳の老化まで進めてしまうので、見えづらいなと感じたら自分の目の状態をチェックすることはとても大切なことです。年齢とともにピント目の調節力は低下していきます。この変化は出生直後から始まっていて、日に日に近くは見えにくくなります。老眼とはその変化に気づいただけのことで40代で気づく人が多いのです。もともと近くが見づらい遠視の人は、正常の人に比べると気づくのが3倍程度早いといわれています。個人差はあっても、すべての人が老眼になります。最近はスマホの普及によって手元を見る時間が増えています。近くにピントを合わせるために毛様体筋が酷使され、眼精疲労が続き仮性老眼も増えています。これは30代40代に起こり、夕方になるとピント調節機能が一時的に低下するものです。しかし、こうした症状がある人が老眼に早くなるかというとそうでもなく、また、視力が良いから、遺伝だからという理由も関係なく誰にでも遅かれ早かれやってきます。一番簡単なチェック方は、人差し指を目の前10cmほどの位置に置きます。その指を少しずつ遠ざけていき、ピントが合う場所を探します。その位置が目から30cm以上離れていた場合老眼といえます。また、眼科でも老眼チェックができるので、気になる人は調べてもらいましょう。これらのチェックで老眼であった場合は、自分に合った老眼鏡を着用することをおすすめします。

過剰は疲労には休憩を

女の人

加齢によって、近くの物が見えにくくなる現象が起こります。これを老眼というのです。主に40代後半から症状を自覚する人が多くなります。しかし、最近は、スマホを使っている子供や30代の若い人が老眼の症状を訴えることが多くなりました。いわゆるスマホ老眼と呼ばれる症状になります。スマホ老眼の原因は、スマホやパソコンを長時間見ることで目の疲労がたまり、目のピントを合わせる力が弱くなることになります。パソコンを見ていても同じ姿勢で見ることで、目に疲労がたまることがあります。スマホになるとさらに小さい文字を長時間見るため老眼の症状が起きやすくなります。しかし、通常の老眼と違いスマホ老眼は目を休めれば症状は改善するころができます。スマホやパソコンを使う場合でも定期的に休憩を取れば夕方になっても老眼の症状が起きることはありません。一定時間に画面から目を離し、遠くを見て、画面に視線を戻し文字が見えにくくなっていないかチェックします。ピントがあいにくいと思えば目薬などをさしたり、作業を一旦やめて休憩したりといった対策を取るべきです。休憩中は目のストレッチや目の体操をすれば、目の緊張が改善されます。また、スマホを使う場合は、自分の姿勢をチェックし負担がかかりにくい状態でスマホを使用する。スマホの設定をチェックして目に負担のかからない大きさの文字に変更する。また不要にスマホをさわらないようにすることも有効な対策になります。少しでも、目に違和感があったり、物が見えにくいと感じることがあった場合は、老眼チェックを行ない、早めに対策するようにしましょう。

早めの対策で疲れを回避

男の人

年齢を重ねていくと知らず知らずのうちに手元が見づらくなってきます。気がつけば、小さな文字が全く読めなくなっているなんてこともあるでしょう。老眼チェックで、早めの対策を立てておくことがおすすめです。放っておくと、目の疲れを引き起こします。酷い場合は、肩こり頭痛などの原因にもなります。では、老眼かどうかをチェックするにはどうすれば良いのでしょう。簡単なチェック方法としては、小さな文字の「ポ」と「ボ」の区別ができているかどうかです。この文字を判読する際、目に力を入れないと判読できないという場合は、そろそろ老眼を意識しておくことをおすすめします。また、日頃の行動からも老眼チェックを行なうことが可能です。夕方になると当たりのものが見づらくなることや、近くのものを見続けると疲れてくるなどの症状があると老眼かもしれません。本を読むよりテレビを見ることが多くなったとか、本や新聞を読む際に少し遠ざけるようになったなども老眼のサインです。本や新聞を読む際に遠ざける距離が30cmを越えれば、そろそろ黄信号が点滅しています。目の疲れを予防するためにも、ピントの合った老眼鏡を作っておくことをおすすめします。老眼鏡があれば、文字が見やすくなり目の疲れを防ぐことができます。実際、自分で症状を意識した時にはかなり進んでいることもあります。出来れば、定期的に専門の機関で検査を行ない、早めに自分にあった老眼鏡を作っておくようにしましょう。

我慢をすると眼精疲労に

男性

老眼は遅かれ早かれ誰にでも起こる自然な生理現象です。見えづらいのを我慢して目を酷使していると慢性的な眼精疲労になり、文字を読んだり細かい作業がつらくなってしまいます。40代になったら老眼のチェックをしましょう。

もっと読む

目が霞みに注意

婦人

老眼は加齢による原因がほとんどですが、日々の食事等によって進行を遅らせる事が出来ます。目に良い食事と共に目の疲労度をチェックし、目が疲れたらマッサージ等で目をリラックスさせる事が大切となるでしょう。

もっと読む

小さな文字が見えにくい

レディ

「老眼度数自己診断表」による度数のチェックと、老眼対策についてに基本です。目を大切にすることが老眼防止の最大の対策です。くれぐれも、人生を大切にすることは、目を大切にすることでもあると知っておいてください。

もっと読む